カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

パンクってするの?

◆パンクをしたことがない!本当にパンクは少ない?

パンクの頻度は確かに減っていますが、ゼロではありません。
普段パンクの心配などしないで車を運転している誰もがパンクの危険性があります。

実際に、JAF(社団法人日本自動車連盟)の「ロードサービス主な出動理由」によれば、
高速道路ではタイヤのパンクに関連するものがトップですし、
一般道でも3位となっているように決してパンクをしないとは言えないのです。






JAFの出動理由にパンクが上位である理由として、ドライバーがスペアタイヤの交換ができない、
パンク修理剤は使い方が分からない方が多いからではないでしょうか?
ご自身でタイヤ交換やパンク修理剤を使用されている場合もありますから、実質的なパンクの数はもっと多いと考えられます。

特に
高速道路でのパンクは大事故の原因ともなるので、とても危険なのです。
このように、パンクは決して人事ではないのです。

高速道路の通行料金が引き下げられて高速道路を使用する機会が増えてきましたので、
安全のために、タイヤ交換やパンク修理剤の使用ができない方は、ぜひクギが刺さっても走行できる「ドリームシール エコ」を注入しておくことをお勧めします。

いざという時にも慌てることなく、クギが刺さったままパンク修理会社まで走行することができるのでとても安心です!


ページトップへ