カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ドリームシールエコとは?

◆パンクと自然空気漏れを防止するドリームシールとは?



ドリームシールは、
予めタイヤ内に注入しておくことで、「パンク」と「自然空気漏れ」を防止するゼリー状のパンク防止剤です。
ドリームシールは、すでに建設業界、福祉業界、農業機械、モーターサイクル等では長い実績を持っています。
業界によって採用の目的が、パンク対策であったり自然空気漏れ対策であったりしますが、乗用車ではこの両方が必要になりますね。



注入の方法は、どのようにすれば良いでしょうか?
必ずタイヤバランスを調整した後に注入してください。
バルブコアを取り外し、タイヤの空気をすべて抜いた後に「ドリームシール・エコ」をタイヤ内に規定量を注入します。その後、規定空気圧まで空気を充填します。
そのため、タイヤ交換時に注入する事が一番効率がよく、安価で最良の方法ですが、タイヤ交換から走行距離が短い場合は、タイヤバランスに問題がなければ注入することも出来ます

一度注入してしまえば、基本的に次のタイヤ交換時までタイヤの中で、自然空気漏れを防止しながら、パンク防止をしていますから、基本的に月1回の空気圧点検以外は、通常のタイヤと何等変わりません。

「ドリームシール エコ」を注入すると言うと、タイヤの中が満杯になるようなイメージを持たれる方もいらしゃいますが、実際には走行時にタイヤの内壁全体に1mmくらいの皮膜ができる程度の量です。

タイヤサイズによってタイヤ内の表面積が違いますから、注入量もタイヤサイズによって異なります。
目安としては、
 ・軽車両の1タイヤ:約200g
 ・1500ccクラス:約300g
ですから、ほとんど通常の空気タイヤのままと言っても問題ないと思える量です。


◆パンク防止効果



「ドリームシール エコ」は、太さ6.5mmまでのクギ等による突き刺しパンクを防止します!


クギが刺さっても瞬時にパンク孔にドリームシールの繊維等が詰まり、パンクを防止します!
パンクを防止すれば、パンク修理会社まで走行してパンク修理をすることができます!

万が一の時にでも、スペアタイヤもパンク修理剤キットも必要ありません。そのまま、パンク修理会社まで走行してパンク修理をしてもらえばいいだけです
パンクをした時に、「スペアタイヤの交換できない!」「パンク修理剤キットの使い方が解らない!」という方でも、パンクしたと気づいた時に、そのままパンク修理会社まで走行してパンク修理をしてもらえばいいわけですから、とても安心だし安全でもありますよね!

どうして「ドリームシール エコ」は、パンクを防止できるのでしょうか?
簡単にご説明しておきましょう!




簡単に言えば、パンクした時に「ドリームシール エコ」が空気圧で押し出されて、「ドリームシール エコ」に含まれている繊維質がパンク孔に詰まって空気漏れを止める構造です。

なんだか、こんなものでパンクが止まるのかと、信用できないと思われるかも知れませんね。
私たちが出展している色んな展示会で、実際にクギを刺して目の前で空気漏れを止めても、解ってもらえないことがあるからしかたないかも知れません。
でも、産業廃棄物工場のようにパンクが多い業界で、長年に渡って沢山の実績をご紹介すると、皆様がご存知の企業で使われているので納得していただけます。

パンクを防止した一つの例を、皆さんがご存知の会社で紹介しましょう。

  



日通三重様の「自然空気漏れ効果による燃費の実験」で、たまたま直径11mmのビスが刺さったのですが、そのまま高速道路から一般道を走行してパンク修理会社まで問題なく走行した時に、その状況を写真に撮ってもらったものです。
タイヤショップさんは、「11mmの異物でのパンクであれば、普通はバーストしていますよ」と言われていました。
バーストとは、タイヤが破裂することですから、徐々に空気が漏れるパンクと違い、大事故になる恐れがあります。それを止めたのですから、タイヤショップさんも驚いていらっしゃいました。
ただ、注入されていたドリームシールは、トラック用の「ドリームシール コストダウン」だから、直径11mmの異物でも大丈夫だったのですが、「ドリームシール エコ」の場合は直径6.5mmまでの異物であれば同じような効果が得られます。

但し、ドリームシールのパンク防止効果は100%ではありません。
防止範囲以上の異物によるパンクやガラス等によるカットパンク、ネジくぎによるパンクを防止することはできませんが、通常よりも長く走行することが可能であり、バーストの危険性も軽減させることはできます。


◆自然空気漏れ防止効果

「ドリームシール エコ」は、走行時にタイヤの内壁全体に付着して、タイヤゴムの分子の孔を塞いで自然空気漏れを防止して次のような効果をもたらせます。

 ・燃費の向上!
 ・タイヤ寿命の延長!
 ・廃棄タイヤの削減!
 ・安全走行






自然空気漏れによる空気圧低下は、大きな事故の原因となったり、燃費の悪化、タイヤ寿命の短縮と言うように、様々な悪影響を及ぼす原因となっていますが、一般の方には意外に御存じなく気にされていないようです。

但し、ドリームシールの自然空気漏れ防止効果は100%ではありません。
走行頻度が少ない車両では、自然空気漏れ効果が得られない場合もあります。




◆こんなに悪影響がある自然空気漏れがナゼ啓発されない?

自然空気漏れをご存じない方が多いのは、通常「月に1回の空気圧点検をしましょう」とか言われるだけで、詳しく説明されていないからではないでしょうか。
お店の方でも知らない方がいらっしゃるので、一般の皆さんの認識が低いというのは不思議でもないことですね。
最近では、タイヤメーカーさんのCMやパンフレットでも空気圧の大切さを大きく扱っていますね。

ただ、絶対的な自然空気漏れ対策ではありません。
もしあるとすれば、空気を通さないゴム以外の素材でタイヤを作ることでしょうが、それはとても無理な話ですね。
空気の変わりにゴムの分子よりも大きい「窒素」を充填するという方法もありますが、半年くらいで効果が薄れてくるようですから、半年後とに充填するまでには広がらないようです。


基本的な対策は、タイヤゴムから空気が漏れるということをご理解いただき、月に1回の空気圧点検を行うことです。




◆環境に優しいドリームシール


ドリームシールは、タイヤのパンク防止効果による廃棄タイヤの削減が実現できます。

さらに、自然空気漏れ防止と水溶性の被膜がタイヤ内に付着する冷却の相乗効果で燃費向上、タイヤ寿命延長することで、環境対策に寄与しています。

●パンク・バースト防止による廃棄タイヤの削減! 

タイヤがパンクすることでタイヤ交換になることがあります。 バーストすれば、タイヤ交換しなくてはいけません。

ドリームシールはパンク防止効果で、これらの事故を未然に防ぐことで廃棄タイヤの削減に貢献します。
また、パンク・バーストによる交通事故も防ぐことで、皆様の安全も守ります。



●自然空気漏れ防止と冷却の相乗効果によるタイヤ寿命の延長!

空気圧が低下するとタイヤが偏磨耗するために、タイヤの寿命が短くなります。
ドリームシールは、自然空気漏れ防止効果で走行時の空気圧低下を防ぐことで、タイヤ空気圧が適正の状態で走行することができます。
空気圧管理をしていない状態に比べてタイヤの寿命も延長されます。
更に水溶性のゼリー状のドリームシールはタイヤを冷却することで、
結果的に廃棄タイヤ削減になります。

●自然空気漏れ防止による燃費の向上!

空気圧が低下すると、タイヤのころがり抵抗が増すために燃費が低下します。
ドリームシールは、自然空気漏れ防止効果で走行時の空気圧低下を防ぐことで、タイヤ空気圧が適正の状態で走行することができます。
空気圧管理をしていない状態に比べて燃費が向上します。
三重日通様の実験では、前年比6%も燃費が向上しました。

ページトップへ